Copyright(c)2010 Jyou you LTD, All rights reserved
ホーム 院内紹介 東洋医学とは 診療時間料金 アクセス お問い合わせ  はり治療について

鍼は痛くないですか?

ご心配いりません。
鍼治療用の鍼は非常に細く、痛みを生じさせないような構造になっています。
当院のスタッフは当然、国家資格を持った鍼灸師ですから、患者様に出来るだけ苦痛を与えないよう配慮いたします。
また、痛みではないのですが、疾患によっては、鍼の治療効果をあげるために、鍼の「響き(ズーンと感じる)」を与える場合があります。
この場合も事前に患者様に説明をいたしますので、ご安心下さい。

鍼で病気に感染する事はないですか?

当院の鍼は100%ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。
また、患者様に触れる器具はオートクレーブ(高圧滅菌器)にて消毒・滅菌をしておりますので、感染などの心配は一切ありません。
ご安心して治療をお受け下さい。

灸は熱いですか?火傷しますか?

灸治療は、直接皮膚にお灸をすえるものや、間接的に温めるものなど種類はたくさんございます。いずれにしても熱を加えることにより治療効果を期待しますので、熱く感じる場合もございます。
但し、直接皮膚にお灸をする場合でも、熱いといっても我慢できないような熱さではなく「チクッ」と感じる程度です。
また、やけどを残すことは原則としてございません。
お灸の痕(あと)を残したほうが治療効果の高い疾患もございますので、必要な時は事前に説明をして患者様の了解を得た上で施灸します。
しかし、一時的にお灸の痕が残るだけで長期にわたりやけどの痕が残るものではございません。ご安心下さい。

治療はどれくらいの期間、何回くらい通えばいいのですか?

疾患や患者様の状態により異なります。急性のもので比較的症状の軽いものであれば1回の治療でも充分に効果は期待できます。
症状の重い方、慢性になっている方、幾つもの症状をもっている方は、治療にある程度時間がかかる場合がほとんどです。
また、治療回数はやはり患者様の症状の状態により異なるのですが、治療と治療の間隔はあまりあけない方が治療効果は出易いです。
症状がよくなってくれば徐々に治療間隔をあけていくのが望ましいと思われます。
いずれにしても個人差がありますので、診察を受けた上で担当スタッフにご相談下さい。

鍼灸治療は保険がききますか?

一部疾患で健康保険の適応になっております。
健康保険をご利用の方は医師の同意書が必要となります。

どんな服装で行けば良いのですか?服を脱いだりしますか?

どんな服装でも構いませんが、できれば手足の出しやすい楽な服装でご来院頂くか、ご自分で着替えをご用意して頂いても構いません。
お腹や背中なども治療する場合がございますので、その時は洋服をその部分だけ開けていただければ結構です。
ベッドは全てカーテンで仕切られていますし、大判のタオルもご用意してありますのでご安心下さい。
使い捨ての患者着(有料)もご用意しておりますので、ご要望の方はお申し出下さい。
健康保険で鍼灸治療を受けるには
1.  まずは当院にお問い合わせ下さい。

2.  病院・医院で同意いただく同意書と同意をお願いする手紙をお渡しいたします。

3.  同意書をかかりつけの医師・病院に持参し、同意を得た後、必要事項を同意書に記入していただきます。

4. 同意書をいただいたら、まず当院に同意書を得た旨を伝えていただきご予約下さい

5. 来院時に同意書と保険証(高齢の方は高齢者受給者証も)・印鑑(三文判)を持参して下さい。すべてが揃うと保険で鍼灸治療が受けられます。
注意事項
1. 鍼灸の同意書は当院にあります。病院・医院にはありません。
2. かかりつけの医師がいない場合や、医師から同意がいただけなかった場合は、当院にご相談下さい。
3. 同じ病名で病院・医院と鍼灸治療院での同時治療は受けられませんので、ご注意下さい。
4. 保険で治療を受けられるのは1つの疾患のみです。同時に2つ以上の疾患の保険治療は受けられません。
5. 1回の同意で保険治療を受けられる期間は3ヶ月間です。その後、3ヶ月毎に再同意手続を行い継続して治療を受けることが出来ます。